兵庫県伊丹市婦人科いけざわレディースクリニック

HOME > おりものがおかしいと思ったら

おりものがおかしいと思ったら

おりものって何?

おりものは膣から出る粘液で、女性器の色々な部分から出る分泌物が混ざり合った集合体です。 おりもの"には大切な役目があります。
おりものは月経周期に応じて変化し、30代後半から少なくなってきますが、人によって違いはあり、おりものが多い人、少ない人、とそれぞれ違います。
年々、若年層に増加する性病。これらはおりものからの合図が多いのです。
当院にご来院される患者さんの中で圧倒的に多いのが、おりものに変化を感じ来院され調べてみると、性交渉感染症に感染されている方が多いです。 匂いが気になる、色がおかしい、いつもより量が多い・・さまざまな症状があります。
このおりものの変化には敏感にならないといけません。いつもと何か違う、放置しておいたら下腹部に痛みを感じ始めた・・痛みを感じ始めてからでは遅い事もあります。
おりものの変化で考えられる症状を下記でご紹介します。

クラミジア

【症状】女性・・・・おりものが増えた。・軽い痛み(下腹部痛み)・黄緑色の膿のようなおりものがでる。・悪臭のおりものがでる。

トリコモナス

【症状】 女性 ・・・ オリモノに血が混じるっている。 トリコモナス原虫が原因で、婦人科では比較的ポピュラーな病気です。 主にオーラルセックスを含む性交渉で感染しますが、タオルや入浴による家庭内感染も稀にあります。

カンジタ

【症状】 女性 ・・・ 酒カスのような白いおりものが出てきた。
カンジタの原因はカビの1種であるカンジタ・アルビカンスという真菌によるものです。この真菌は誰もが持っているものなので通常無害ですが、抗生物質や経口避妊薬を長期間使用した場合や身体の免疫が低下したときに発症します。女性の10%は膣内にカンジタ菌がいるといわれています。

淋病

【症状】 女性 ・・・ 黄緑色や悪臭を伴うようなおりものが増えてきた。
淋病の原因は淋菌という細菌によるもので、性交渉により感染する性病です。淋菌もクラミジアと同じように性器だけではなく咽頭部にも感染します。クラミジアの次に多い性感染症で、クラミジアと同時に感染することがあります。

おりものに少しでも変化ある場合は迷わず検診する事が大事です。検診して悪くなる事はありません。仮に検診して何も異常がなければ、精神的にも安心できますよね。不安なまま放置しておくのは絶対によくありません。まずは勇気を出して検診を受ける事が心身ともに良い事なのです。
当院では小さな悩みを抱えられた患者さんに勇気を持ってご来院していただきたいです。

▲ページトップへ