兵庫県伊丹市婦人科いけざわレディースクリニック

HOME > 年代別お悩み集 > 40代・50代の性のお悩み集
年代別お悩み集

40代・50代の性のお悩み集

40代・50代の悩み~油断してはいけません~

40代・50代の悩み

40代・50代の体は成熟し、月経痛なども和らいでいることが多いようです。けれどホルモンの分泌が減少することにより、若い頃にはなかった諸症状が現れます。閉経後であっても、子宮筋腫や子宮がん(子宮頸がん・子宮体がん)、卵巣がんなどの重い病気にかかる可能性があるのです。「子供も産んだし、心配ない」なんて思っていては大問題。産婦人科と縁が薄くなりがちな世代であるからこそ、こまめな検診が重要なのです。毎年必ず定期検診を行って、大病から自分の体を守りましょう。

40代・50代で起こりやすい症状
40代・50代女性

・子宮筋腫
女性疾患の中でもっとも有名なもののひとつです。子宮にできる良性の筋腫(しこり)で、流産や不妊症、貧血の原因になります。出血や貧血、腰痛などを引き起こします。

・子宮がん(子宮頸がん・子宮体がん)
日本人女性の子宮がんの約7割が子宮体がんで残りの約3割が子宮頸がんです。
子宮頸がんは子宮の膣に近い部分(子宮頸部)に発生します。子宮頸がんの症状は、おりものの異常や不正出血、性交時出血などありますが、 がんが上皮内にとどまっている初期の頃は、無症状であることが多い病気です。 最近では20歳代でかかる人も増えていますが、30歳代で増え始め、40~50歳代に 最も多くなるがんになります。近年20代の子宮頸がんが増加してきており、 欧米化・出産低下によるホルモンのバランスの変動・性行為などの原因が考えられます。 しかし、子宮頸がんは徐々に減少の傾向に向かっています。 一方、子宮体がんは、子宮の奥の子宮体部の内側を 覆っている子宮内膜の粘膜に発生し、進行すると子宮の筋層や頚部などに広がっていきます。 閉経後の50歳代に最も多く発生します。 

・卵巣がん
発生率はさほど高くありませんが、「沈黙の腫瘍」といわれるほど早期発見が難しい病気です。下腹部の張りやふくらみなどの自覚症状が現れます。

・尿失禁
出産をきっかけに、膀胱や尿道近くの筋肉がゆるむことが原因です。体の構造上男性より女性に多く、40代以降の女性では約半数が経験しているといわれています。くしゃみなど、お腹に力が加わったことで漏れてしまう「腹圧性尿失禁」と、頻尿を伴い、我慢できずに漏れてしまう「切迫性尿失禁」があります。

・更年期障害
ホルモン分泌の減少によって現れる症状です。体の症状だけでなく、精神的にも影響を受けるため、日常生活に支障が出てしまうことも。のぼせ、ほてり、動悸、息切れ、不眠、めまい、頭痛、腰痛、肩こり、イラつき、手足の冷え、汗をかきやすいなどの症状が現れます。

▲ページトップへ