兵庫県伊丹市婦人科いけざわレディースクリニック

HOME > ピルについて > ピル使用について
ピルについて

ピル使用について

Q&A~ピル使用について~

Q.低用量ピルの飲み方は?

A.低用量ピルは、基本的に「月経開始から5日目まで」から飲み始めます。1日1錠を毎日欠かさず続けなくてはなりません。もし飲み忘れがあって48時間以上が経ってしまったら、その月の服用は止め、次の月経から新しいシート(1ヶ月分)で飲み始める必要があります。また、服用が止まっている期間の避妊効果はないものと考えてください。

Q.ピルを飲めば絶対に妊娠しない?

A.ピルの服用中に妊娠する確率は0.1%といわれています。飲み忘れがあると、その妊娠率は5%まで上がります。

Q.ピルを飲むとどうして妊娠しないの?

A.ピルに含まれている女性ホルモンが卵巣を冬眠状態にさせ、排卵を抑えます。排卵が止まれば妊娠はしません。子宮内膜を変化させて、万が一排卵して受精したとしても受精卵を付着しにくく、子宮頸管の粘液を変化させて精子を子宮に入りにくくします。

Q.副作用はあるの?

A.ピルは薬なので、副作用が全くないというわけではありません。飲み始めの時期には吐き気や頭痛、だるさ、むくみなどのつわりによく似た症状がよく見られます。ほとんどが軽いもので、早くて2~3日、長くても1ヶ月程度で気にならなくなります。太ったりニキビができたり、ということはほとんどありません。

Q.誰でも服用できる?

A.初経を迎えた10代なら誰でも服用できます。しかし、以下に該当する人は服用できません。

・乳がん、子宮頚がん、子宮体がんにかかっている人
・原因不明の性器出血がある人
・血栓症を起したことのある人
・35歳以上で1日15本以上タバコを吸う人
・前兆をともなう片頭痛のある人
・血液が固まりやすい体質の人
・4週間以内に手術を予定している人や術後2週間以内の人
・産後4週間以内の人
・重篤な肝障害や肝腫瘍がある人
・高血圧の人
・妊娠中または授乳中の人

Q.月経も止まるの?

A.ピルによって月経が止まることはありません。ピルは排卵を止める薬ですが、人工的にホルモンのバランスを整える薬なので、むしろ月経はきちんとした周期で来ます。

Q.排卵を止めても体に害はないの?

A.排卵を止めても体に害になることはありません。妊娠中や授乳中の女性は排卵をしていませんが、体に何の害もありませんよね。むしろ排卵のたびに卵巣が傷つくのを避けているため、卵巣をお休みさせることができるのです。

Q.他に薬を飲んでいるけど大丈夫?

A.その薬にもよりますが、併用によってピルの効果を下げてしまうことがあります。多くは一緒に飲んでも問題ありませんが、まずは医師に相談してみてください。

Q.乳がんになるって聞いたことがあるんだけど・・・

A.それは大きな間違いです。ピルの服用が原因で乳がんなどになることはありません。

Q.不妊症になることはある?

A.ピルによって不妊症になることはなく、むしろホルモンのバランスを整えるので不妊の原因になる「子宮内膜症」や「骨盤内感染」を防ぐことができます。排卵を止めて卵巣を休ませるという効果もあり、実際に不妊症の治療に使われています。

Q.ピルを処方してもらうときはどんな検査をするの?

A.問診と血圧測定、体重測定のみで処方ができます。希望があれば、子宮がん検診や乳がん検診、クラミジアなどの検査も行われます。

Q.どこに行けば手に入るの?

A.ピルは医師の処方箋によって処方されます。薬局などで手に入れることはできません。産婦人科で相談しましょう。

Q.保険はきくの?費用はどのくらい?

A.保険はきかず、自費となります。病院によって異なりますが、1ヶ月分の1シート2,500~3,000円が一般的です。その他に初診料、指導料、検査料などがかかります。

▲ページトップへ